新松戸幼稚園の年長さんたちとドジョウの放流会

6月28日、新松戸幼稚園の年長さん100名の園児のみなさんと、旭町水辺広場の池に
ドジョウ約1000匹(愛知県豊橋市産)を放流しました。
事前に松戸市が幼稚園の要請で草原の除草をしたり、放流場所の葦を刈ったりしくれましたので大助かりでした。12時30分から3班に分かれて園児たちが順次幼稚園バスで到着し、早速放流しました。初めてドジョウを見る子や、ポリバケツのドジョウに触ってその感触にビックリする子、あちらこちらで歓声が上がっていました。中には「このドジョウは何処のドジョウ?どこから来たの?」や「何が餌?」など大人びた質問をする子もいました。
放流を待つ間は、草原の「アカツメクサ」の花を摘んだり、バッタやカマキリを追っかけたりして、暑い中を園児たちは元気に楽しい時間を過ごしていました。手伝った私たちも子ども達の笑顔に暑さを忘れ一緒に楽しみました。みなさん大変暑い中お疲れ様でした。/

コメント

タイトルとURLをコピーしました