ベランダの鳩被害にご注意ください

鳩は3月下旬~5月上旬に巣を作ります。縄張り意識と帰巣本能が非常に強いため、一度巣を作ると、たとえ巣を撤去しても同じ場所に巣を作り直そうとします。巣作りから巣立ちまで約2か月ありますが、巣立ちをしてもまた同じ場所で巣作りを始めます。

■駆除について鳩は、鳥獣保護法により保護されています。松戸市環境部・環境政策課(電話:047-366-7089)に確認しましたが、ヒナ鳥・卵が無い場合は、自分で巣の撤去可、しかし、ヒナ鳥・卵が有る場合は、鳥獣保護法で県知事の許可のある業者しか撤去できませんので、環境部(新谷:dw4s-sntn@asahi-net.or.jp)までご連絡ください。

■その対策は:まず、鳩に巣を作られないことが肝要です。マンションなどのベランダは、格好の巣場所になりますので、巣を作り始めたらご注意ください。

■鳩はどこに巣を作るのか:鳩は雨風のあたらない高所に巣を作る傾向にあります。具体的には、マンションなどのベランダ、建物の壁と壁の隙間、高速道路の高架下、天井裏、室外機の裏や雨どいなどです。

コミュニテイ五番街理事会 環境部

2022年7月4日

コメント

タイトルとURLをコピーしました